お知らせ

見守りサービスはじめました

「ひなた」のように、ほっこり役に立つ記事をたくさん書いていきます。

私たちのところには、「頼りにしていた配偶者に先立たれて、子どももいない(又は遠方に住んでいる)し、これから誰を頼っていいのか不安です」という相談がたくさんあります。

■急に具合がわるくなったとき、どうなるんだろう
■もし、入院することになったときは?
■認知症になったら?
■役所から手紙が届くが、面倒だからほったらかしてる。いいのかしら?

これらの不安に寄り添って、少しでも、あなたの子どもの代わりになって、お世話できる仕組みができないか、私たちは考えてみました。
しかも、できるだけ、お金をかけずに。

で、考えたのが「見守りサービス」

何をするかというと、毎月1回お電話を差し上げ、変わったことがないか確認します。
体調はどうか、食事はとれているか、困ったことが無いか、お話しをする中で探っていきます。
3ヵ月に1回は訪問させていただき、お顔をみてお話しをします。
そして、何かあったとき、いつでも、すぐに相談してもらえる体制をとっています。

これが、毎月1万円でさせていただくサービスです。

それ以外にも、一緒に病院に付き添ってくれないかとの要望があれば、別料金ですが、専門の看護師が病院に付き添うこともできます。
急に気分が悪くなったときに、駆け付けることも可能です。
認知症になったときにどんな生活をしたいか、予め聞かせていただければ、それが叶うようにすることもできます(任意後見契約)

遠くの子どもより、近くの「ひなた」がしっかりあなたを守ります。

詳しくお知りになりたい方は、当団体にお電話ください。

-お知らせ

© 2021 介護,相続,遺言の相談は「一般社団法人シニアハートサポートひなた」